朝に足のむくみが起こる原因


朝起きると足がだるい、またはむくんでしまう女性が多くいます。
しかも昼間に仕事をしている間に、浮腫(むくみ)の原因である
体内に溜まった水分が重力によって下半身へと移動するので、
より一層足がパンパンになります。

足のむくみの場合、その下半身へ流れた水分や血液、
老廃物を心臓に押し返すポンプ機能が低下していることが原因です。

このポンプ機能はふくらはぎが担っていて、
ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれるくらいに大切な働きをしています。
力強いポンプ機能を持つふくらはぎを作るには、
適度な筋力トレーニングとマッサージがポイントになります。

筋力トレーニングは自宅でも出来る簡単なものがあります。
しかし、我流になってしまうと
トレーニングの効果は薄れてしまう可能性があるので、
ジムに通ってトレーナーの指示とチェックの下で行うことをお勧めします。

ジムへ通うことに気が進まない方は30分程度のウォーキングや
ランニングを習慣にして、ふくらはぎの筋肉を刺激してあげましょう。

そして、ふくらはぎと脚全体を適度にマッサージしてあげることで、
ふくらはぎに溜まった血液や水分を全身に行き巡らせることが出来ます。
これによりむくみが軽減しますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

そして、足の指先は心臓から一番遠い位置にあります。
この足先を足湯や靴下なので常に温めておくことで冷え性を予防します。
この部分の血流も改善することで、足のむくみ解消に効果が期待されます。

足の健康は体の健康をチェックすることが出来る
一つのバロメーターなのかもしれません。
特に女性の皆さんは外も内も健康的な足美人をぜひ目指してください。