薬の副作用による顔のむくみ


顔のむくみの原因の一つに服用する薬の副作用があります。
意外と知られていないことですが、
市販されている薬の多くが顔のむくみを副作用として生じやすいそうです。
解熱剤や鎮痛剤も顔のむくみを起こしやすい成分が含まれているとのことです。

薬は血液中を流れることで効力を発するものなので、
血液中の成分のバランスが崩れることが原因です。

顔のむくみの副作用を起こす薬のほとんどに
利尿を妨げるホルモン分泌を促すものが含まれています。

しかし、顔のむくみによって本来の目的である
薬剤による病気の治療を止めることはお勧めできません。
まずは医師や専門家に相談することが良いと思います。

浮腫が出ている時は塩分を極力抑えた食事を摂取するようにしましょう。
塩分を摂ると体がより体内に水分を保とうとするので、
むくみを悪化させてしまします。

利尿を促すお茶などを積極的に飲むなど、
服用している薬の効果を妨げない範囲でむくみを緩和していきます。

血の巡りを良くする為に足湯をじっくり時間を掛けて行うと
発汗することが出来ます。

発汗は尿の次に多い水分量を体外へ排出してくれますので、
薬を服用中の方達にはお勧めの方法かもしれません。

足湯の後はむくみが出ている部位をマッサージしてあげることで、
むくみも解消しやすくなります。

あとは睡眠量を十分に取って体を休めてあげて下さい。
できるだけ体をストレスのない環境に近づけてあげることで、
薬の副作用のむくみであっても緩和することができるでしょう。

体への負担を考慮しながら、
むくみを解消する自分にあったベストな方法を探ってみて下さい。