花粉症の薬の副作用による体のむくみ



花粉症は日本人の多くが抱えている病気の一つです。
花粉症の原因は文字通りに花粉が原因ですが、
その花粉によって体がアレルギー反応を起こす病気です。

これは人間が本来持っている免疫システムの
異常反応で引き起こされていることが要因です。

症状としてはくしゃみ、鼻水、目のかゆみです。
症状が重症化している場合は、この花粉症の症状によって
睡眠不足に陥ることもあるそうです。

そんな花粉症で悩んでいる人が治療のために服用している薬があります。
主に治療を目的として使用されている薬は
抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、ステロイド剤です。

また予防を目的とする薬として抗アレルギー剤が使用されることもあります。
症状によって薬の組み合わせ方、服用方法が異なってくるそうです。

ステロイド剤を使用した場合、
むくみ、胃腸障害、免疫力低下などの副作用が出る可能性があります。
短い期間の場合は問題ないと思いますが、
服用が長期になる時は副作用が顕れやすくなります。
服用を止めるタイミングは医師との相談の上で慎重に判断して下さい。

ステロイド剤によって体内で自然に分泌される
ステロイドホルモンが作成されなくなります。
この状態で服用を急にストップした場合は、
ステロイドホルモンが体内で不足することで、
体がだるくなったり、頭痛などの症状が起こります。

また免疫力が低下するので、服用中は感染症にかかりやすくなってしまいます。
花粉症の薬によるむくみが発生した場合、
服用期間中の塩分摂取は控えることが重要です。

また体内の水分バランス調整を行うための
利尿作用のある食べ物、飲み物を摂ってむくみを緩和しましょう。