顔のむくみはストレスが原因



ストレスは顔がむくんでしまう原因のひとつと言われています。
これは過剰なストレスによって自律神経のコントロールが難しくなり、
血管の収縮機能が低下します。
そして血液とリンパの流れ、水分の循環が妨げられます。

これが原因で顔に体内の水分が溜まりやすくなり、顔がむくんでしまうのです。

寝ている間に顔に水分が集中しやすくなるので、
朝起きた時が一番むくみがひどい状態だそうです。

大抵は昼間に活動している間に顔に溜まった水分が
重力によって下に流れていくので、徐々にむくみは軽減します。

しかし、血液やリンパの循環が悪いと顔のむくみは軽減しにくくなります。
ですので、根本的な原因であるストレスを解消することが
顔のむくみを抑える一番良い方法かもしれません。

ストレス解消にはリラックスを心がけることが大事ですが、
血液循環を改善することも考慮すると、
ある一定量の運動をすることもおススメします。
運動することはストレス解消法の代表的なものです。

また運動すると自律神経の調整が出来るようになります。
空いている時間を見つけて適度な運動をするようにしましょう。
また顔のむくみは腎臓機能障害のサインである可能性があるそうです。
腎機能が低下している時に顔のむくみが出るそうで、
もし顔のむくみがひどい場合は病院へ行って医師の診断を仰ぐことも必要です。

特に女性は顔のむくみに悩んでいる方も多くおられるので、
生活習慣の改善から見直していくことが大事です。